学生や外国人留学生でも教育ローンを利用できる?

アルバイトの方でも収入があれば教育ローンを利用することは可能です。

但し、ローンが組める人は20歳以上の成人でないと借りることができません。

また、一般的にローン契約には安定した収入が必要という条件が設定されていることが多いため勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。

返済能力も審査に通る上で重要なポイントとなりますので最低でも200万円以上の収入は欲しいところです。

いずれにしても、学生本人が借主というのはあまり見ないので奨学金のほうが可能性が高いと言えます。

埼玉りそなの教育ローンをご存知ですか?埼玉りそなの教育ローンは「りそな教育ローン」という名前です。

変動金利になっているので年に2回ほど金利が更新されます。

2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。

最低10万から1万単位で最大500万円まで借り入れることができ返済期間は1年単位で最長14年まで可能です。

最長4年6ヵ月は利息のみの返済も可能で、納付金を支払った後でも、3ヶ月以内なら借入れできるなどのメリットもあります。

教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中で最もおすすめなのは教育一般貸付という国の教育ローンです。

最高融資額は350万円となり銀行などと比べると少なめですが、年利は1.76%で固定金利となっています。

大学や高校に限らず専門学校や予備校などにも認められています。

使い途も入学金や授業料だけでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、利用するには審査を通過する必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全部揃える必要があります。

借入申込書はネット申込みの場合は不要ですが源泉徴収票や確定申告書などといった、収入証明書類は必要になります。

ほかに、運転免許書やマイナンバーカードなど本人確認できる書類や住宅ローン(家賃)、公共料金の領収書または支払いが確認できる通帳のコピーも必要です。

ですが、何より最も肝心な書類は在学していることが確認できる書類や、合格通知や入学許可書ということになります。

教育ローンにはカードローン型と呼ばれるタイプもあります。

一般的なカードローンと同じでカードの限度額の範囲内なら自由に借り入れや返済を繰り返すことができるローンです。

一般のカードローンと異なる点は教育資金以外には借り入れたお金を使ってはいけないということです。

消費者金融や信販会社に良く見られる商品なのですが楽天銀行やイオン銀行等の一部の銀行でもこのタイプを提供しているところはあります。

金額が明確な初年度は一括借入れ型でかかる学費がよみ辛い2年目以降でカードローン型が利用できるという金融機関もあります。

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送で申し込む方法ややインターネットでの申し込みなどがあります。

郵送の場合は、まず電話などで借入申込書を請求しましょう。

その後書類がお手元に届いたら必要事項を記入し、返送することになります。

インターネットで申し込む場合は事前診断コーナーがありますのでわずか数秒で借り入れ可能か診断することができますので、まずはそれをやってみましょう。

仮審査の申し込みもWebで行えますし24時間受付け可能な点も便利です。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。

教育ローンを比較したい時はランキングサイトを活用すると良いでしょう。

金融機関に出向いたり電話で資料請求する手間は要りません。

金利や借入可能額など比較したい情報は一覧表になっているため、比較も簡単です。

表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントが掲載されているサイトもあります。

ランキングサイトから銀行のリンクが貼られていることが多いので是非ご活用ください。

国が融資してくれる教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンはJFC日本政策金融公庫が管轄しています。

教育一般貸付(国の教育ローン)と呼ばれるローンで、最高350万円まで融資を受けることができます。

教育一般貸付の金利は年1.76%と低く設定されており固定金利ですので、利子が膨れ上がる心配がありません。

子供の人数や年収によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。

使い道は民間の金融機関よりも幅広く受験にかかった費用や在学のための賃貸住宅費用にも使う事が出来ます。

学生や外国人留学生が教育ローンを借りる手続きをするというのは基本的にはできません。

学費目的とはいえ、お金を借りることになりますので借主は借金契約ができる人間でなければいけません。

そのためには借入者が成人であることや安定継続した収入があることが前提となります。

また、仕事を辞める予定がないことや家賃や光熱費などといった生活費を全て自分の収入で賄えていることも重要です。

国の教育ローンよりも銀行の教育ローンのほうが融資の望みは高いでしょう。

教育ローンが借りれないという人には恐らく色々な要因があるでしょう。

まず、働いていることが貸付要件としてありますので無職や年金受給者は融資を受けることができません。

正社員でなくても借りることはできますが、安定して継続した収入があることが必須となります。

非正規雇用の場合は最低限2年以上の勤続年数がないと難しいです。

年収も200万円以上はないと審査をクリアすることは難しいでしょう。

教育ローンの返済方法について解説します。

教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まります。

利息は借りた日の翌日から発生しますが埼玉りそな銀行などは在学中は利息のみでOKとしています。

教育ローンの返済期間については医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。

しかし、返済期間が長くなるほど返済金額は大きくなりますので注意が必要です。

教育ローンと言っても借金に変わりないので返済シミュレーションを必ず行い、返済プランをきちんと立てることが大切です。

高校生の学費といっても私立なら入学金も必要ですし、年間70万円以上もかかります。

学費が払えないと最悪の場合、除籍や退学をさせられてしまいます。

高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。

学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借りる先を誤ってしまうと大変なことになります。

国の教育ローンなら母子家庭や低所得者の味方なので安心して借りることができます。

教育ローンと奨学金はどう違うか知っていますか?教育ローンと奨学金は教育のために借りるお金と言う点では共通しているのですがそれぞれ中身は異なります。

教育ローンは借主が保護者ですが奨学金は学生本人が借主となります。

貸し付け方も異なっており、教育ローンは一括で振込ですが奨学金は月ごとに定額振込みが基本となっています。

利息については教育ローンは借りた日の翌日から発生しますが奨学金に関しましては、在学中には利息は発生しません。

返済開始の時期に関してですが、教育ローンは借りた翌月から始まりますが奨学金の返済は卒業後からになります。

教育ローンによる融資の受け取り方の1つとして一括で振り込まれる一括借入れ型があります。

分かりやすく言えば住宅ローンのように一括で借り入れた金額全てを受け取るタイプの融資です。

銀行などはこの一括借り入れ型を採用しています。

一括借入れ型の特徴をご紹介するとローン契約と同時に返済金額も確定となる点です。

返済計画を立てやすくなりますが予定以上に学費や生活費にお金がかかってしまった場合、新たにローンを組まなければなりません。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は融資機関によってひじょうに差があります。

低金利な金融機関であれば1%台からとなっているのですが、高金利の金融機関では10%近いものもあります。

銀行であれば口座などを作ることで優遇金利を受けられるケースがあります。

金利の計算方法は2つの方法があって固定金利と変動金利というものがあります。

今は低金利の時代になっていますので固定金利の方がリスクが少ないと言われています。

参考:教育ローン外国人や留学生でも借りれる?【審査基準は?】