借り換えローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらの借り換えローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融の借り換えローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムには借り換えローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが借り換えローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは借り換えローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されており銀行カードローンに使う事はできません。

埼玉りそな銀行には借り換えローン専用のサービスはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%低金利な上に来店不要という点も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

消費者金融大手のプロミスには借り換えローン専用のプロミス借り換えローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

借り換えローンの審査が何度も不合格な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

借り換えローンの場合、利用者は多重債務者なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

借り換えローンは多重債務者を救済する商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますが絶望的な人でも審査に通る方法がないかを考えてみましょう。

最優先で行うべきことは現在までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

複数の金融業者からお金を借りていると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

でも、借り換えローンはそのような多重債務者を救済するための商品なので前向きに検討することをおすすめします。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた借り換えローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行の提供している借り換えローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

その理由は、消費者金融の借り換えローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

複数の借入れを1つにできる借り換えローンは借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットが多く効率的な借り換えローンなのですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

借り換えローンでも審査を受け合格する必要がありますが借り換えローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

月々の返済額がキツくなったという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

借り換えローンは複数のからの融資を1本化することで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

借り換えローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめする前より多くなることは避けられません。

又、消費者金融の借り換えローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行の借り換えローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

借り換えローンの手続きをスムーズに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですので借り換えローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

借り換えローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

でも、借り換えローンの利用申し込み者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

借り換えローンという商品を提供している金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

借り換えローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますが借り換えローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますから借り換えローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、借り換えローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率をクリアしていれば、必ずしも不利にならないとも言われています。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんから住宅ローンの審査までにカードローンを解約しておくことをおすすめします。

ちなみに、多重債務者の方は借り換えローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

借り換えローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので借り換えローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

借り換えローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、借り換えローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金がいくらになったら、借り換えローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「借り換えローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行の借り換えローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いので初めて借り換えローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

関連ページ